読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sherbet

このブログは、amrkとたーくんとkoheとらすにゃの4人が「自由」を目指して奮闘していく【ぶろぐ】です!ジャンルは基本真面目です。なんてったって「自由」を目指してますから!真面目な中でも「自由」にジャンルにこだわらず書いていければと思ってます!

ブログタイトル

【保存版】退職を決意する前に確認すべき制度・給付金

f:id:pochomukinsan:20170210220230p:plain

 

こんにちはハロワなうのたーくん(@pochomukinsan)です

 

私は今現在、退職しているわけではないのですが

常に退職も視野に入れて動いているため

退職時に

「損をしない」「もらえるお金はもらう」

を心がけています

 

 

こういった退職者を助ける制度や給付金は調べればたくさんあるのは事実ですが

退職前にあることをしなければいけなかったり

そもそも存在を知らなければ申請できなかったり

辞めたいと思っている時はなかなかそんな時間が取れなかったりで

実際に損をしている人も多いと聞きます

 

もし退職するってなった時に

「これからの生活費どうしよう?」

「貯金はあるけど次の職が見つかるまで心配だなぁ」

「起業のためにもっと1円でも多くのお金が欲しかった」

とならないように最大限退職という武器を活用するため

今日は退職前に知っておくべき情報をまとめます

 

その中でわからないところも多かったため直接ハローワークに確認しにきました

 

 

以下目次

 

  1. そもそも何でハローワーク?
  2. 退職前にできること
  3. 退職後にできること
  4. まとめ

 

 

そもそも何でハローワーク?

 

わかりやすい説明があったので

まずはこれを読んでください

 

  1. ハローワーク(公共職業安定所)とは、職業紹介事業を行う機関で、国が所管しています。無料で、職業紹介や就職支援のサービスを行っています。
  2. このほか、ハローワークでは、雇用保険に関する各種の手当や助成金の支給、公共職業訓練の斡旋、職業安定関係の業務なども行っています。

  

 

http://www.jil.go.jp/rodoqa/07_jinji/07-Q02.html

 

 

私たちが毎月の給料を社会保険料を国に納めていますよね?

その中には退職した場合に備えた保険として雇用保険が含まれています

 

雇用保険を納めているお返しとして国の運営するハローワークが

私たちの雇用に関すること(退職や再就職など)をお世話してくれるんです

 

だから雇用に関する質問は何でもハローワークに相談しましょう

 

 

*体験談

今回ハローワークで本当にいろんなことを質問しましたが

嫌な顔一つせずにこちらが分かるまで何度も丁寧に説明してくれました

 

 

 退職前にできること

 

*以下は病気や怪我で働けない人向けになります

 

散々退職の話をしていますが

本当に退職してもいいんですか?

自分の意思で辞めようと思っていますか?

 

会社や先輩、同期に気をつかって

自分を追い込んで辞めようとしていませんか?

 

 

もしあなたが鬱病などの病気や怪我で一時的に働けないといった場合には

休職という道があります

 

 

後ほど説明しますが

 

失業手当を貰うには

働く意思と働ける健康な体があること

が条件になります

 

なのでとても働ける状態じゃないのに

周りに迷惑をかけてしまうからと

勢いで辞めてしまうと後で自分が困ることになってしまいます

 

私はまず一度ゆっくり休んでみて

しっかりと退職すべきかどうか考えてみることをオススメします

 

自分の将来のためですから

 

ここからが重要ですが

もし上記の病気や怪我で休職をする場合

お金の心配があると思います

 

心配不要です

 

傷病手当金を受けることができます

 

傷病手当金はハローワークからではなく健康保険組合からもらえる手当になるのですが

 

この手当は病気や怪我で会社に連続して4日以上出勤することが来ない場合に

4日目以降から元々もらっていた給与の2/3が日割り計算で支給されます

 

 

ちょっとした条件はありますが

実はインフルエンザの際にももらえるような手当金になります

 

 

知らなければもらえない手当なので詳しくはこちらの公式HPで確認してください↓

病気やケガで会社を休んだとき | 健康保険ガイド | 全国健康保険協会

 

 

退職後にできること

 

ここでは退職をする場合にもらえる手当について紹介したいと思います

 

全部知らなければもらえない手当なので必ずもらうようにしましょう

 

 

退職後にもらえる手当の基本は失業手当です

 

失業手当をもらうためには退職の際に会社から渡される離職届ハローワークに提出する必要があります

 

その際に先ほど上記した

働く意思と働ける健康な体があること

を証明することで失業手当の受け取りが可能になります

 

 

また退職する前に転職先を決めていたり

退職してすぐに転職をしてしまうともらえないので注意してください

 

 

失業手当をもらうための条件ともらえる期間は以下の図を参考にしましょう

 

f:id:pochomukinsan:20170211011615p:plain

 

簡単に言えば

どんな理由であれ一年以上会社に勤めている人は失業保険をもらうことが可能です

 

 

正確な額や細かな条件など失業保険をもっと知りたい方はこちらを見てください

allabout.co.jp

 

 

この失業保険をもらえるようになれば

さらに再就職手当や就業促進定着手当など

転職をするなら当たり前にもらえる手当があります

 

金額的にも人によりますがウン十万はもらえる手当になるので

合わせて必ずチェックしましょう

 

詳細はハローワーク公式HP↓

ハローワークインターネットサービス - 就職促進給付

 

まとめ

 

ハローワークの方に話を聞くと

失業保険などの手当はもらえる人は多いはずなのに

元々存在を知らないせいで

 

申請をできなかった人

申請時に必要な書類が足りなかった人

受け取るまでにかなりの期間が空いてしまった人

無理だと思っても聞いてみれば申請できた人

 

などいろいろあるみたいです

 

お金はやはり生活するにあたって切っても切れないものになりますので

しっかりと考えた上で実行に移したいですね

 

退職を考えている人はまずはハローワークに相談することをオススメします

 

 

自分が参考にしている本はこちら↓

実際に申請にあたって難しい部分もありますがわかりやすく図解されているので初めての申請でも安心です

また2017年版なので情報が古くてもらえなかったなんてことも防げます

 

 

関連記事はこちら↓

www.sherbetblog.com